悪玉ホルモンが原因になる|agaは病院で相談しよう

男性

悪玉ホルモンの影響

医者

男性ホルモンの働き

女性ホルモンには髪の毛の成長を促進する働きがあり、男性ホルモンには髭や腕など髪の毛以外の体毛の成長を促進する働きがあります。ところが、男性ホルモンは髪の毛の成長を阻害する悪玉ホルモンに変わることがあります。この悪玉ホルモンが毛根に侵入すると毛根細胞がダメージを受け、抜け毛が増えたり髪の毛が健康に成長しなくなるという現象が起こってしまうのです。これがagaの正体で、薄毛に悩む成人男性の9割以上がagaと言われています。男性ホルモンを悪玉ホルモンに変える酵素の分泌量や活動時期には個人差があり、早い人では10代から、遅い人は50代以降に症状が現れるなど様々ですが、今では病院でこの酵素を抑制する薬が処方されています。

クリニック選び

aga治療薬は皮膚科や形成外科など一般の病院でも取り扱っているところが多くありますが、薄毛治療の専門外来がある病院や専門クリニックの方が総合的な治療を受けることができます。総合的な治療とは、aga治療薬を使って進行を食い止めるだけではなく、薄毛の原因が何なのかを食生活や生活習慣等から総合的に判断して、治療法や頭髪のケア方法などをアドバイスしてくれることです。一般の病院では薬の種類が限定されていますが、専門のクリニックの場合は状況に合わせてビタミン剤やサプリメントなどを混ぜ合わせ処方してくれたり、別の治療法を提案してくれたりもします。定期的に頭髪診断をしてくれるなどカウンセリングにも時間を割いているのも特徴です。

評判を持つ病院の共通点

男の人と女の人

薄毛治療を行う病院は数多くありますが、名古屋の中でも評判が高い病院の共通点はカウンセリングを通じて患者さんに合う方法で治療方針を定め、その上で治療を開始する特徴があります。また、カウンセリングの中では生活習慣の改善に対するアドバイスを行ってくれるという共通点もあります。

View Detail

薄毛を解消する薬

男の人

プロペシアは、男性型脱毛症を治療するのに確実な効果があります。というのも、脱毛症を発生させる物質を作り出す酵素の働きを阻害するからです。プロペシアは、福岡のクリニックで処方されているので、悩んでいる方はまずは相談する事が大事です。

View Detail

簡単に処方してもらえます

髪の毛

つむじハゲやM字ハゲに悩んでいる方は、プロペシアなどのAGA治療薬を利用する事をオススメします。プロペシアは、東京の専門クリニックでなくても皮膚科で簡単に処方してくれます。1ヶ月に1度訪れるだけでよいので、大変手軽です。

View Detail